フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月 4日 (水)

7/1 ツバメ合宿2日目: 下田→安良里

Pict9698朝食後、3人でのんびりと下田の街を散歩しました。まずは、港沿いに、ペリー上陸の碑を見て、海上保安庁の前を通り、防波堤を渡って、港の入り口にある犬走島まで行きました。島には海食洞がいくつもあって探検心をくすぐられます。

Pict9713街に戻り、あちこちに残るナマコ壁の古い家を眺め、ペリーロードと呼ばれる小川沿いの小道を歩いて、了仙寺に来ました。アメリカジャスミンが境内にたくさん植えてあります。ここには、先月の「下田黒船まつり」の時にも来たのですが、この境内では、面白おかしい開港再現劇をやっていました。このお寺の住職がその時の司会をしていたのですが、今日は静かなお堂の片隅でおごそかな雰囲気で何か書をしたためているようです。そのギャップがちょっと微笑ましかったです。

またペリーロードに戻り、浅い小川を泳ぐボラの稚魚の群れを、ディックになってしばらく観察していました。上流と下流からそれぞれやってきた群れ同士が出会った後、いったいどうなるのでしょうか? 混ざり合って1つの群れになるのか? 混ざった後、上流に向かうのか、下流に向かうのか? どっちに向かうかはどうやって決まるのか? 一度混ざり合ってもまた分かれて、それぞれの方向に向かうのか? いやー、眺めていると本当に面白いですよ!

Pict9704下田の街は、散策するのにとても魅力的なところでした。

心が洗われるような時間を過ごした後、9時過ぎに出航です。弱い追い風で、港を出てセールを上げましたが、しばらく機帆走で進みます。

潮の流れがあるようで波立っているところに入ると、見かけは潮に乗っているように見えるのに、速度は逆に5ノットから3ノットに落ちてしまいました。どう見ても波と同じ方向に進んでいるようなのに、とっても不思議です。

Pict9720エンジンを止めて、右舷後方からの風を受けて、石廊崎に向かいます。ジェノア(前の帆)がバタバタするので、O船長がスピンポールをジブブームとしてセットしました。弱々しい追い風を受けての帆走で、下田から石廊崎まで3時間もかかりましたが、とうとうしびれを切らしてエンジンをスタート。

今日もトローリングをしていますが、まだ魚はかかりません。

Pict9728波勝崎の手前でまた良い風が吹き出したので、エンジンを止めて帆走です。真後ろからの風なので、スピードが出る斜め後ろから風を受けるように、ジャイブを繰り返しながら走ります。

Pict9731昨日も波勝崎の近くで魚が釣れましたが、今日もサバが一匹かかりました。これは氷につけておみやげに持って帰って、翌日の夕食にいただきました。

7時間以上かかって、その半分くらいを帆走して、16時過ぎに安良里に入港です。漁協前の岸壁にもやって、セールの片付け、水の補給、デッキ掃除などを終えて、荷物を降ろし、ツバメを停泊地のブイにつないで、充実した今年初のツバメ合宿が無事に終わりました。

夕食(私は金目鯛の干物の定食)を食べてから、19時半に安良里を発ったので、道路もスイスイで、22時半に帰宅して、バタンキューでした。

天気:曇
風向:東→南
風力:1~2

6/30 ツバメ合宿1日目: 安良里→下田

荒天で中止になったりランサム写真展の準備で忙しかったりで、ようやく今年初の待望のツバメ合宿です。梅雨だけど天気予報は良いので、O船長、erica航海士、COOTの3人で下田を目指すことにしました。週末一泊で下田まで行くのは初めてです。

Pict9687_1土曜日の正午頃、大潮の干潮時に安良里を出港しました。満ちてくる潮に逆らって進むことになります。しかも風も真向かいなので、セールは上げずにずっとエンジンで進みます。

Pict9732オフシーズン中にO船長が自動操舵装置を取り付けられるようにしたので、さっそくそれを使いながらお昼のお弁当をいただきました。今までは交替で食事をすることが多かったので、これは便利です。

船尾からトローリングを開始。右舷側からは海面すれすれの魚をねらう仕掛け、左舷側からは海面よりちょっと下の魚をねらう仕掛けを流します。

1.5mくらいの波があって、ドシン、バシャーンと波にたたかれたり、しぶきを浴びたり、結構荒れてきました。

Pict9683出航して2時間弱、波勝崎の手前、海が一番荒れていた辺りで、左舷側の仕掛けに魚がかかりました。サバが2匹です。いつも釣れる時には2匹一緒にかかることが多いです。揺れる船上で大変でしたが、航海士が何とか始末して、夕食の刺身用にクーラーボックスへ。

Pict9689伊豆半島の南西側の海岸は、とてもワイルドで、全く人造物が見えない原始の景色が素敵です。自分が乗っているヨット以外には、360度、全くの手付かずの自然そのもの。なかなか日常では体験できないことです。

なんて話していたら、ニョッキリと風力発電の風車が2本現れました。こんなに良い風が吹いているのに、なぜか回っていません。

伊豆半島南端の石廊崎まで出航して4時間。波勝崎で転進しても、石廊崎を回っても、ずっと風は真向かいのままです。今日はどうも帆走はなしになりそうです。

Pict9695段々寒くなってきて、長袖を着て、6時間の機走の後、下田に入港し、別のヨットに横付けしました。お疲れ様~。

Pict9694夕食は、釣り上げたサバの刺身とチキンサラダをおいしくいただきました。刺身はさすがに活きが良くて、3人で2匹だとちょっと物足りないくらい。明日の帰路ではもっと釣り上げたいものです。

天気:晴れ
風向:南→東
風力:2~3

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »