フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 3/20-22 戸隠テレマークスキー | トップページ | 3/29 ヤマネコ号セイルトレーニング(午後) »

2009年4月 4日 (土)

3/29 ヤマネコ号セイルトレーニング(午前)

昨日からETC休日特別割引が始まったので、混むかなあと少し心配していましたが、長津田駅に朝7時に集合して、特に渋滞することなく8時半にはヤマネコ号のいる静浦漁港に到着しました。ちなみに横浜町田IC→沼津ICは、通常2400円、これまでこの時間だとETC通勤割引で1450円だったのが、1300円でした。

P3293260 一番乗りしたARC組6名(真昼のふくろうさん、Titmouseさん、どりすけさん、ケルンさん、erica航海士、COOT)でヤマネコ号を乗っ取って(笑)、セイルカバーをはずしたり、ヘッドスルを取付けたりして楽しい出航準備作業をします。アミヨットクラブ・他から6名、総勢12名です。

P3293263 一旦船を移動して岸壁に接岸した後、9時半に出航。次々に7枚の帆を上げて、フルセイルに追い風を受けて大瀬崎を目指します。ほとんど嵐だった1、2月のセイルトレーニングの時と違って、今日はそよ風なので、2〜3ノットのスピードしか出ていません。でも、エンジンを切って、静かに水の音だけを聴きながら、船を進ませるのは気持ち良いです。

P3293268 今回は船上から花見をする予定でしたが、ここしばらく寒い日が続いていて桜も咲き始めです。それでも、山肌にちらほらと白く浮かび上がる木が見えています。

P3293275 少し風向が変わって来たようで、10:50にジャイブして、進路を西南西から西北西に転じ、湾から出てもっと風が吹いていそうな方を目指します。

11:40頃、ほとんど風がなくなり、船は漂っていますが、エンジンはかけずに静けさを楽しみます。

P3293265 また少し風が吹き始めました。全ての帆のシートを引き込んでクローズホールドで進路を北西に転じます。舵輪を握り、そよ風を出来る限り受けて、少しでもスピードを出せるように頑張ります。

P3293273 そろそろお昼なので、大瀬崎に戻るようにタックの準備をします。このそよ風で回りきれるでしょうか? クローズホールドで2ノット程度のスピードしか出ていませんが、皆シートに取り付いて、転回準備はOKです。

「タック!」と叫んで、舵輪を回し、でもスピードを殺さないように、徐々に船を回します。まだ風に上ってますがまだスピードも落ちていません。行けるか? 行けるか? 「カミンバウ!」と叫んで、新しい風下側のシートを引き込みます。回り続けるか? どうか? 船はまだ行き足を失っていません。船は、ためらうことなく、回り続け、転回成功です。

微風なだけに、ちゃんと転回できるかどうか、とってもスリルがあったし、やはり、冬中続けて来たセイルトレーニングの成果がしっかりと出ていて、見事なタックが決まりました。嬉しいです。

P3293276 右舷開きのクローズホールドで大瀬崎を目指し、湾に入りながら次々と帆を降ろします。エンジンで大瀬の湾の中をぐるーっと回ってから、湾を出て桜が何本か咲いている岸の近くに錨を降ろして船上ピクニックをする予定です。

P3293277 浮き桟橋のそばを通る時に溜船長に携帯電話が入りました。その桟橋のすぐ上の別荘で、ヨット仲間の皆さんが花見をしているのに合流しませんかとのお誘いです。急に予定変更して、大急ぎでフェンダーを出して、もやい綱を用意して、その浮き桟橋につながれたクルーザーに接舷しました。これもまた皆、手際良く、セイルトレーニングの成果が素晴らしかったです。

(続く)

« 3/20-22 戸隠テレマークスキー | トップページ | 3/29 ヤマネコ号セイルトレーニング(午後) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/29 ヤマネコ号セイルトレーニング(午前):

» ヤマネコ号でお花見 [ericaのRubatoな日々]
03/29/'09(Sun.) ヤマネコ号のセイルトレーニングに参加してきた。 [続きを読む]

« 3/20-22 戸隠テレマークスキー | トップページ | 3/29 ヤマネコ号セイルトレーニング(午後) »