フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月22日 (月)

6/21 ツバメ合宿2日目:松崎→安良里

昨日の朝の天気予報では、今日は曇時々雨だったのですが、昨晩の予報では、一日中雨になっていて、夜中も時々強い雨が降っていました。5:45に起きた時も、雨だけでなく強い風が吹いていてひどい天気です。

今日はさすがに漁はしていないだろうなあと思いながら、洗面していつも漁船が出港しない時に留めてある所に歩いていくと、見当たりません。念のため水揚げする所に向かって歩き出すと、O船長が追いかけて来てくれて、何と、もう水揚げが終わって魚は市場に持って行ってしまったとのこと。

ガーン、洗面とか後回しにして、すぐに水揚げ場に向かえばちょっとは魚を分けてもらえたかもしれないのに残念でした。せっかくケルンさんも魚を楽しみに来ていただいたのにスミマセン! でも今日はあまり獲れなかったようで、その分いつもより早い時間にさっさと終わってしまったようでした。

今朝の3時間毎の天気予報では、9時、12時が強い雨、それ以外も一日中弱い雨とのことです。すぐに出発してさっさと安良里に戻るか、車があるのでどこか観光でもして、午後雨が弱まってから安良里に戻るか、皆で話し合って、結局、前者に決定。

あてにしていた魚がもらえなかったので、朝食は、おやつ用に用意してあったケーキやドーナツで済ませて、荷物もほとんど降ろして車に積んで、航海士は車で安良里へ戻ることにします。残る3人は、雨具を上下着て、7時半に出港。

P6213945 ツバメを機走で安良里に向けて走らせます。強めに南風が吹いていて、波に追われるようにして進みます。昨日のイルカの群れがいないかと目をこらしますが、残念ながら見当たりません。

P6213946 雨は小康状態で、これなら涼しくてかえって気持ち良いくらいです。が、予報通りに、安良里に近づくころにはまた雨あしが強くなってきました。8:49に安良里に帰港し、ツバメの後片付けをして9:10頃上陸して航海士と合流。

P6213948 P6213949 その後、伊豆長岡温泉のホテル天坊で11時からの一番風呂につかり、天気が悪くても大にぎわいの沼津漁港でお昼にしました。お気に入りの丸天は10組待ちくらいだったので、そこはあきらめて他の初めて入るお店にしましたが、丸天の良さを再確認(^^;。

渋滞もなく17時半に帰宅しました。

Photo_3 Photo_4 ずっと機走でしたが、松崎→安良里のツバメの航跡と速度です。

2009年6月21日 (日)

6/20 ツバメ合宿1日目:安良里→松崎

P6203757 P6203756 沼津魚市場の丸天で朝ご飯を食べて、10時に安良里に到着。O船長も到着して、車を一台松崎まで置きに行っている間に、航海士がベラ、カサゴ、メジナ、名前不明の魚、合わせて7匹釣り上げました。

お昼を食べて、ツバメの補修をして、14時過ぎに出港。風がほとんどありません。遠くには、セールを上げたクルーザーが見えています。ヒールしていないし、南からの微風を受けて北に進んでいるにしては、セールを引き込んでいるように見えるので、きっと機走しているのでしょう。でも、それにしては、あまり動いていないようです。

P6203761_2 謎の船を双眼鏡で見てみると、ジブではなくステースルを上げているようです。時間はたっぷりあるので、そのクルーザーの近くまで行ってみると、エンジンはかけずにほとんど漂いながら、ビール片手にシングルハンドでのんびりしている安良里の船でした。鬼号と同じカッター型で、大きさも同じくらいの船でした。

P6203763 謎が解けたので、ツバメは進路を南に向けて、エンジンで進みます。出港後1時間くらいで風が出て来たので、セールを上げて帆走に移ります。5〜6ノットで気持ち良く南西に向かってクローズホールドで走っていたら、16時頃、いきなりイルカを発見!

P6203798 P6203830 ツバメでイルカを見るのは初めてです。もっと良く見ようとイルカのいた方に進路を向けて、探すと、時々呼吸のために水面に上がって来ます。よく見ると、回りにも他のイルカがいて、あっちにもこっちにも、遠くにも近くにもいます。2頭、時には4頭が、一緒に並んでジャンプしています。

P6203867 P6203884 ツバメは、数十頭はいるイルカの群れのまっただ中に入って、中にはすぐ近くに寄って来て、同じ早さで並走してくれたり、船底をくぐって反対側に現れたり、野生のイルカをたっぷりと眺められました。

P6203941 P6203942 1時間半くらいイルカに遊んでもらって、陽が沈む頃に松崎に入港。工事の船などで岸壁が塞がっていて、係留する場所を決めるのにちょっと手間取りましたが、急いで温泉につかり、夕食を作って食べて、ここで合流するケルンさんを航海士が車で下田駅まで迎えに行きました。ちょっと雨がパラパラし始めましたが、23時過ぎに就寝。

Photo Photo_2 安良里→松崎の航跡と速度の記録です。

2009年6月17日 (水)

6/17 横浜「開国博Y150」黒船乗船

貴重な平日のお休みの日なので、横浜の開港150周年を記念して開催中の「開国博Y150」を丸一日かけてたっぷり見て来ました。

きれいなポリーの通勤の車に同乗して、9時半には赤レンガ倉庫に到着。まず最初に、ベイサイドエリアのトゥモローパーク入り口で10時から配られる「黒船体験ツアー」の整理券をゲットです。平日なので、17〜18時の航海のみです。

P6173680 トゥモローパークの未来シアターBATONの映画は全くつまらなかったけど、隣の「はじまりの森」で見た「ラ・マシン」のショーは楽しめました。蜘蛛の巨大ロボットが不気味にゆっくりと動き回って、時々吹き出す水煙を浴びて航海士はビショビショになっていました。

P6173694 地面に描かれたトリックアートの絵は、備え付けの特殊な眼鏡をかけて見るのですが、そうするともっと立体的に見えて、本当に地面に穴が開いて港があるように見えて面白いです。

ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター、赤レンガ会場のバザールも楽しめました。

P6173703 ランドタワーでお昼を食べて、大さん橋ホールにFUNEプロジェクトを見に行くと、なんとこれは期間限定でもう終わっていました。でも、ちょうど後で乗る黒船が団体の小学生を乗せて航海中なのを大さん橋の一番先から眺めることができました。船腹の外輪もちゃんと回っています。

P6173716 山下公園、象の鼻パーク、赤レンガ倉庫を歩いて時間をつぶして、いよいよ黒船に乗船。ハウステンボスからやって来た「観光丸」で、これは徳川第13代将軍家定(つまり篤姫の旦那)にオランダから贈られた船を再現したものです。

P6173730 フライングジブは、ウィンチで上げてましたが、メンスルは皆で手で引いて上げます。でも上げるのはこの2枚だけ。そもそもトプスル以上の横帆は飾りのようで、展帆することが無さそうに見えます。

P6173736 そのかわり、バウネットを歩いて渡るお楽しみがありました。最後の方に並んだ人は時間切れになっていたようなので、あらかじめ左舷船首に近いところにいると良いです。

P6173749 その後、フォアマストのふもとでロープワークの講習です。もやい結びとかの練習をするのかと思ったら、もっとずっとエンタテーメント性の高い講習で、私も知らなかった結び方だったり、ほとんど手品の練習だったりして、とても楽しめました。

しめくくりは中華街で夕食。横浜を満喫した一日でした。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »