フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9/21PM ヤマネコ号:松崎→妻良 | トップページ | 9/22PM ヤマネコ号:妻良→松崎、カヤックで堂ヶ島探検 »

2009年9月26日 (土)

9/22AM 妻良でスノーケリング

P9224994 南伊豆の妻良(めら)の民宿に泊まり、翌朝ヤマネコ号に泊った海星メンバーもまた民宿に集まって一緒に朝食をいただきました。

P9224999 港に戻ると、ヤマネコ号の隣に停泊していたトリマランが出港準備中です。T船長のお知り合いで、私も乗船していろいろ見学させていただきました。トランポリンの部分に寝転がると、柔らかすぎず固すぎず、最高の寝心地です。

P9225001 そのトリマランは、ちょっと石廊崎まで行って来ると言って、T船長のご家族の方を乗せて出て行きました。

P9225004_2 ヤマネコ号ももやいを解いて、港の外に出て、スノーケリングをするのに良い錨泊地を探します。

P9225006 定置網を避けて岸にゆっくり近づいていたら、ブイを付けたまま水中に沈んで延びているロープがあって、ヒヤッとしましたが、水が澄んでいるせいで思ったよりも深いところにあったようで、引っ掛けることなく上を通り過ぎました。こういう時にエンジンを慌てて全速後進にしたりすると、かえってロープを巻き込むことがあるそうです。

P9225011 錨を降ろして、朝は肌寒かった気温もいつの間にか上がっていて、晴れて来て、海も穏やかで、絶好のスノーケリング日和です。

P9225025 船の回りはあまり魚がいなそうでしたが、岸の近くまで泳いでいくと、コバルト色のきれいな小魚はあちこちにいるし、メジナの群れにも出会い、数十cmもあるボラの群れが水面近くの目の前に突然現れたりして、大いに楽しみました。

P9225022 さらに岩場を回り込むと、トンネルのようになった洞窟があり、泳いでそこを抜けて反対側に出ると、先ほど見かけたシーカヤックもいました。

P9225026 岩場に広がっている黄色のソフトコーラルもきれいです。去年の春に水中でも使えるデジカメを買って以来、初めて水中写真を撮ってみましたが、思ったよりもちゃんと写っていました。

« 9/21PM ヤマネコ号:松崎→妻良 | トップページ | 9/22PM ヤマネコ号:妻良→松崎、カヤックで堂ヶ島探検 »

コメント

細かいことですみませんが、カタマラン(catamaran)は双胴艇です。このヨットは三胴艇なので、トライマラン(or トリマラン、trimaran)ですね。

おっとそうでした。お知らせありがとうございます!
さっそく訂正させていただきました。

初めて間近でトリマランを見せてもらえたので、いろいろと、へえーっというところがありました。例えば、

1) ジブシートが4本あって、クローズホールド用とランニング用が2本ずつあるとか、
2) 両翼の部分が折り畳めるようになっているとか(ちょっと、どんな感じになるのか想像できないのですが)
3) 両翼の内部にも格納スペースがあるけど、まるでお仕置き部屋みたいだったとか(笑)

特に1)は、いいなあと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/22AM 妻良でスノーケリング:

« 9/21PM ヤマネコ号:松崎→妻良 | トップページ | 9/22PM ヤマネコ号:妻良→松崎、カヤックで堂ヶ島探検 »