フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

9/25 室堂周辺トレッキング

地獄谷の迫力
FBFF3326-CD39-4459-A2DD-E5EEDB4016F0
雷鳥荘から見下ろす地獄谷~雷鳥沢
31953EFC-8DC2-44DE-828D-F0F4A976CF0C
立山に登る途中の一の越から見下ろす室堂です。
D25B0BBF-8D9A-401E-8612-E9754260E29C
これは、昨日だけど、雲海に沈む夕陽です。
BA6B20E2-FF68-46D0-B315-7915F0D4B372

2010年9月24日 (金)

9/24朝 祖母谷温泉

朝、雨も上がり晴れ間も出てきました。食後、名剣温泉からさらに山奥の祖母谷温泉まで歩きました。
祖母谷温泉の地獄と河原の露天風呂です。
CDC079A0-506A-4007-B3A6-CB36635F2A21

2010年9月23日 (木)

9/23 黒部渓谷のトロッコ列車

朝5時に家を出て、圏央道、関越、上信越、北陸道と乗り継ぎ、日本海に出ました。
雨で、親不知付近の高速が通行止めになったので、糸魚川から先は下の道を通り、お昼は、iPadと食べログで見つけた黒部の"魚の駅"で、海鮮ものです。
さて、いよいよトロッコ列車。雨なので、窓付きのリラックス車というのに乗って、最初は写真を撮る時だけ窓を開けていたけど、そのうちに開けっ放しで景色を楽しみます。
BF636C36-FD5B-457D-9903-BA4AA3921BB3
景色は、期待を裏切りませんでしたが、写真は帰宅後に追加します。
終点の欅平周辺の遊歩道は、残念ながら、雨のためほとんど通行止めです。予約していた宿への道も通行止め。電話したら迎えに来てくれてゲートを開けて通してくれました。
宿は、秘境の秘湯、名剣温泉です。雨で増水した黒部川を眺めながら、さっそく露天風呂に入ってきました。
4F4E08B4-3744-44F3-AD9D-B1BB8E249FCE

2010年9月15日 (水)

9/11-12 八ヶ岳高原

P9128485 万水川〜犀川をカヤックで下った後は、南諏訪ICまで高速で戻り、バーベキューの材料を買出しした後、ビール艦長のお知り合いの方の山荘に向かいました。南八ヶ岳の高原の森の中にある素敵なログハウスです。標高1200mなので、この夏の猛暑からものがれられる別世界。

Dsc01536 木のぬくもりと匂いを感じられて、自然を活かした家具や工芸品やデコレーションが家の内外にさりげなく置かれている、とってもセンスの良い住まいでした。

Dsc01535 バーベキューとビールをしこたま食べて飲んで、自然やアウトドアや旅好きな仲間が集まっているので、興味津々の話題も豊富。いろいろと刺激を受けてとっても豊かな時間を過ごしました。

P9128488 P9128498 翌朝、鳥の鳴き声を聞きながら森の中を散歩して、ワラビを採ったり、家具や工芸品を造っている工房を見せていただいたり、下界に戻る前にしばしのんびりしました。

P9128502 近くの自然農園で新鮮で安い野菜と果物をたっぷり仕入れます。そこの駐車場の片隅には、ハロウィーン用のお化けカボチャがごろごろしていました。

P9128514 まだそのまま帰るのはもったいないので、しばし、八ヶ岳高原をドライブ。11時過ぎだけどお腹も空いてきて、イワナの塩焼き定食みたいなのが食べたいとか言っていたら、まさにそういう看板が出ているお店「自然屋」を見つけました。

P9128511 ここの隣には、熊や鹿や猪料理を出している仙人小屋というお店もあって、そこも面白そうでしたが、そこの主人の「仙人」の弟子がお店を開いたのが「自然屋」とのことで、毎朝、山で採ってきた魚やキノコを新鮮なまま料理して出しているそうです。なので、メニューもその日の食材に寄るせいか、手書きで貼り出してあります。

P9128512 P9128513 頼んだのはイワナ刺身定食と巨大魚(マス)の香草焼定食。どちらも非常においしかったです! 航海士は、今年食べた料理の中で5本指に入ると言っていました。私もキノコ料理の数々がすごくおいしくて、この店には、これからも機会あるごとに寄りそうです。

Img_0030 高原と牧場の景色も満喫し、清里の清泉寮にちょっと立ち寄って、中央高速がそれほど混みだす前に帰宅しました。

2010年9月11日 (土)

9/11 長野県でカヤックツーリングなう

ここからスタートです。長野道の豊科ICから近い運動公園の側の万水(よろずい)川は、川幅は狭いけど、流れはしっかりあります。こういう川を下るのは初めてなので楽しみです。
819494A5-CFD5-4077-B979-1F340716F554

P9118435 P9118439 所々で、20〜30cmくらいの波が立っているところを抜け、いくつかの橋をくぐり、万水川を下っていきます。

Dsc01493 いつの間にか、川は木々の中を流れていて、日差しが柔らかくなり、とてもいい気持ちです。蓼川との合流点でぐっと右に回り込み、少し漕ぎ上ると、3つの水車が廻っているワサビ田に着きました。

P9118446水が澄んでいて、水中の水草がゆらゆらと揺れています。以前2年間住んでいた英国ウィンチェスターのイッチン川の雰囲気にそっくり。心も洗われるような清流でした。

ワサビ田で、ワサビアイスを食べて休憩。
67DB32BB-1311-4ADA-B955-650822371FBC

ワサビアイスは、もう少し刺激があってもいいかも。他にも、ワサビジュース、ワサビビール、ワサビコロッケなども売っていて、どれもおいしそうでした。

P9118453 出発して早々に、樹林帯を抜けて、広々とした犀(さい)川に合流しました。合流点の左側には流木があって危険なため、右側を通るようにという看板がいくつも立てられていて、どんな流木だろうと思っていたのですが、大したものではありませんでした。数日前に通過した台風による増水で一部流されたのかもしれません。

あやめ公園という所に艇を着けて上陸し昼食。ビール艦長が、常設のスラロームコースにチャレンジしました。

P9118463 さて、問題の橋が見えてきました。ここは、つい2週間前にカヤックの死亡事故が起きてしまったところです。出発前に車でこの橋の上から偵察した時の写真が↓です。

狭い支流から広々した本流に出て、こんな気持ちの良い所を下りました。
DD813FD6-FDD7-4B14-80F5-C40BB40BF7E4

Dsc01518 上の写真は橋の上から上流を見たところですが、写真の右側の流れは速くて岩もあるので、ベックフット号は念のため左側を下りました。仲間の3艇は、右側を下り、波で遊んでいました。特に難しくも危険でもなさそうな所でしたが、不幸な事故が起きてしまったのは残念なことです。

P9118466 15時少し前に、あらかじめ車を回送しておいたゴール地点に到着。

万水川→犀川と下った今回の航跡はこちらです。

Route お誘いいただいたビール艦長と一緒に楽しく川を下った仲間の皆さん、おかげ様で、とっても気持ちの良いツーリングとなり、ありがとうございました!

(太字と大きな写真は現地からのレポート、細字と小さな写真と動画は帰宅後に追記したレポートです。)

2010年9月 4日 (土)

9/4-5 本栖湖でカヤックキャンプなう

水が真っ青で、信じられないくらいきれいです。泳いだり、ベックフット号に乗ったり、富士山を眺めたり、のんびりと過ごしてます。
9AF37546-2177-48D0-AD42-3F62BBEA2CB1
午後になってかなりの風が吹いてきた中、本栖湖をベックフット号で縦断して東岸まで来ました。
C26246EB-1F9C-4D51-943F-8466D033D823
夕食は、炭火でステーキと途中の道の駅で買って来た新鮮な野菜のバーベキュー。
2AF6D4F1-DD81-4791-848C-F20ED92E9580
今は、寝っ転がって、満天の星を見ながら書いてます。

波の音を聞きながら眠りに着きましたが、朝起きると、風が全く無くて、鏡のような湖水面です。まずは、コーヒーで、至福の時を。
77EE9811-0473-4367-ADA2-908B5BBC6AEA
日の出直後は、こんな感じでした。
DED7A499-910F-4946-9793-E973A557A521

10時に本栖湖を出て、鳴沢氷穴を見学して、15時半頃帰宅しました。

P9048378 Dsc01403 昨日、泳いだ場所の追加の写真です。水が、本当に真っ青のこんな色をしていたのが感激でした。

土曜日の航跡とスピードはこちら↓です。対岸まで行く時は強い向かい風でした。

Route1Speed1 日曜日の航跡とスピードはこちら↓です。

Route2Speed2

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »