フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月24日 (日)

10/23 三鷹の天文台見学

東京三鷹にある国立天文台の「三鷹・星と宇宙の日」に行ってきました。このイベントの事を教えてくださったランサム&ヨット仲間のPetrelさんは、朝から来てほぼ一通り見たとのこと。14時頃着いた航海士と私に、見どころや早めに整理券をゲットする方が良い所を教えてもらえて助かりました。

Img_0483_2Img_0485_2 アドバイス通りに最初にドームシアターの整理券をもらった後、まずは日本最大の口径65cm屈折望遠鏡を見学。ファインダーまでもが本体に比例したように大きいです。(そんな必要があるのかな?)

Img_0486 ここは天文台歴史館になっていて、本日限定公開の江戸時代の書「天文分野之図」が面白かったです。当時は、中国の星図をもとに、日本名を追加したりいていたようです。今の星座の区切りや星座名は西洋から来たものでしょうが、世界を見渡せば、今でもいろいろな所でいろいろな人が、星の並びを何かに例えて名前を付けたものがあるのかもしれません。自分でやるとすると、楽しそうでもあり、途方にくれそうでもあります(笑)。

Img_0488 Img_0490 次は、内部を今回初公開する「太陽塔望遠鏡」(別名アインシュタイン塔)です。今回初めてこの天文台キャンパスに入ったのですが、緑が多くて、広くて、自然が豊かなのにビックリしました。その緑の森の奥にひっそりとたたずんでいるという感じの塔でした。

今回一番印象に残ったのは、整理券をゲットして入った4D2Uドームシアターで、特殊メガネをかけて立体映像を見た「銀河のダイナミックな一生」の講演でした。地球と月から太陽系、銀河系、そして宇宙の果てまで、自在にズームイン/ズームアウトできて、視点も公転面から上がったり下がったり、銀河の雲の中を突き抜けたり、講演者が手元でコントロールする意のままに大宇宙を旅して回れるのはすごかったです。プラネタリウムは何度か見たことがありますが、こんなのは初めてで、視点が地球に固定されているプラネタリウムよりもずっとダイナミックで面白い体験が出来ました。

Img_0500_2 Img_0498_2 次に印象に残ったのは重力波望遠鏡です。地下に直行する2本の長いトンネルを掘って、真空のパイプを通し、地面の揺れが伝わらないように吊るされた鏡にレーザー光を反射させています。重力波が来た時に2本のトンネルを光が往復する時間にほんのわずかの差が生じるのを検出しようというもので、それでも望遠鏡と言うのですね。年に数度来ているであろう遠い宇宙からの重力波をいつか捉えてやろうとじっと気長に静かに耳をすませている健気さがいい感じ。

Img_0502 16時、17時、19時まで公開の施設があって、空いてる間に一通り見ようとしたので、かなり慌ただしかったです。暗くなって50cm反射望遠鏡で実際に星を見るための整理券は、並んだけど大人気でゲットできませんでした。(雲がかなり広がっていたから、本当に見れたかどうかは不明です。)もっとゆったり見るためには、朝から行くことをオススメします。

今回は施設を2つ見たところで航海士とはぐれてしまい、航海士が携帯を家に忘れて来ていたので、結局帰宅するまでお互いにどこにいるやら分からないままでした。今や突然携帯がないと本当にどうしようもないですね(^^;

2010年10月11日 (月)

10/11 駒ケ岳千畳敷カールなう

快晴の中央アルプス駒ケ岳ロープウェイを上って来ました。

今までに見た紅葉の中で今日が最高かも。
D6636DCB-E679-481C-ADF6-92F6C4B5C3AC
ポカポカな中で山と紅葉を眺めながらブランチにしました。
799A3793-B151-491F-ACDC-D2B32E165BE2

千畳敷カールをぐるーりと見渡した動画です。

2010年10月10日 (日)

10/10午後 天竜川下り

船乗り場に着いたら、すぐに出るのに予約無しで乗れました。最後に乗る人が一番前になるので、ますますラッキー!
C94421DE-6512-443B-9BB5-C49D4234437B

一番の激流を通り抜ける時はこんな迫力でした。

Pa108958

さらに下流の遊歩道を歩くとこんな感じ。
18C8A88B-EEAB-4153-8EED-6F6DCC672EE3

10/10昼 まつたけ料理

ここ数日間で、急にまつたけが豊作とのニュースを見て、どこかでまつたけ狩りができないか探していたのですが、大産地にきているのに,どこも高いだけの値打ちが感じられる所がありませんでした。
ようやく、良さそうな店を発見。まつたけうどんすき、1000円で楽しめました。
C460D16A-7E5F-4019-8AF4-C29A799479A2

10/10午前 日本のマチュピチュなう

FBEAC204-DBC1-4313-89AC-223435F25C53

10/10朝 しらびそ高原

なかなか素敵なホテルでしょう? 標高1918m、中央アルプスと南アルプスにはさまれた秘境?の遠山郷に来ています。
B6AAF768-16AE-431B-8E50-31B1426BC326
昨日の夕方に着いた時には、雨と雲で何も見えなかったので、鹿のタタキ、猪鍋、信州ポークの食事くらいしか楽しみがありませんでした。
007EB4B4-45AC-4D12-8493-DCDD7204622C
でも朝になると、雨もほとんど上がり、東に南アルプスの山々、
Img_0360

Pa108890

西に中央アルプスの山々と、遠くに雲海も見えました。
Img_0349

Dsc01975

2010年10月 9日 (土)

10/9 自然屋で秋のキノコ料理

天気は良くないけど、食べる分には関係ないので、八ヶ岳南麓で先月見つけた自然屋さんに11時の開店時刻に合わせてやってきました。
昨日今日で採ったキノコがたくさん。
44A605F2-A08B-4489-840C-A443D1ABF4CF
今日は、キノコの天ぷら定食をいただきました。
21BD5779-55A9-4A01-8C8E-A4B2F5FA80C0

ここは、付け合わせの一つ一つの小鉢も美味しいのです。
Dsc01954_2

食べたキノコの中では、カラマツタケというのが一番おいしかったかも。写真の左側にある丸いやつです。

Dsc01947

2010年10月 5日 (火)

9/24夕 紫の板にはさまったペニー硬貨

一生の間に一度見れるかどうかというくらい珍しい光景だったのかもしれません。それも、全く期待していない時に、突然現れて、目を釘付けにしてしまうなんて。

Dsc01701 標高2400mの立山高原ホテルに泊まった日は、一日中曇りでした。前日までスゴイ雨だったので、ちょっと心配でしたが、ここまで高原バスで登って来る途中で、一度雲の中を抜けて来たので、眼下には雲海が広がっていて、遠くの山が島のように浮かんでいます。

Dsc01760 でも、上空にも雲がひろがっているので、日没は見られないだろうと諦めて、温泉につかっていました。そこに館内放送が入り、きれいな夕陽をぜひ御覧くださいとのこと。Tシャツ1枚にバスタオルをはおっただけで寒いながらも外に慌てて飛び出しました。

Dsc01764 つい30分前は、雲と雲の間が遠くうっすらとオレンジ色に染まっている、こんな光景だったのです。これはこれできれいでしたが、太陽も見えないし、もうこれ以上は期待できないと思って、夕食前に温泉につかることにしたのです。

ところが、30分の間に、景色は激変していました。上層の雲の下から太陽が現れ、雲海を黄金色に輝かせています。寒いけど、もう目が離せません。

Img_0150_2

Dsc01768 じわじわと太陽が上の雲から下の雲までの狭い隙間を移動する間に、雲海の色合いも、だんだんと染まっていく上層の雲の色も、刻々と変化していきます。

もう言葉はいりません。

Dsc01772

Dsc01776

Dsc01777

Dsc01779

Dsc01781

Dsc01789

Dsc01790

その日は、航海士の誕生日。お日様からのサプライズプレゼントでした。

ちなみに、タイトルの「紫の板にはさまったペニー硬貨」というのは、ランサムが書いた『ラカンドラ号の第三航海記』という本に出てくる言葉です。シンクロニシティと言うのでしょうか、この日没を見たほんの1週間ちょっと後に、偶然、ミルクの森さんから見せてもらったこの本のとある場面で使われていました。

ランサムは、この本では、とても素敵な風景描写をよくしているのですが、霧と雲の間をのぼる太陽をこのように表現していて、これは、まさに見てきたばかりの日没の光景と同じだ! と思ったのでした。

ARC会員の方は、次号の会報『1929』をお楽しみに〜。

2010年10月 3日 (日)

9/27-29 北京

Img_0262 たった2泊の短い出張でしたが、初めて北京に行ってきました。朝、早起きして、地下鉄を乗り継いで天安門広場の北端に着くと、ちょうど日が昇ったばかりでした。

Img_0266 広場から道路をはさんで反対(北)側の天安門を入っていくと世界遺産の故宮があり、ここも見たいけれでもまだ朝早くて開いていません。

Img_0280 天安門広場の警備はそれなりに厳しくて、広場自体に入れる限られた入口を探しながら、人民大会堂の前を通り過ぎ、ようやく広大な広場に入れました。

Img_0274 人民英雄記念碑が広場の中央にそびえています。なぜか、広場の西側から東側へも行けないようにロープが張ってありました。

Img_0285_2 広場の南にある毛主席紀念堂も、まだ開いていませんが、人も少なく、朝日を浴びてひっそりと建っている様子もいい感じです。

Img_0287 広場の南端の前門は、いかにも中国らしいです。すがすがしい朝の散歩を満喫しました。

Img_0301_2 お昼と夕食は、円卓を囲んで中華料理三昧です。北京ダックもおいしかったけど、スペアリブに細ねぎをパリパリに揚げてのせた料理が見かけも面白くおいしかったです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »