フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 7/16-19 桧原湖キャンプ(速報版) | トップページ | 7/17 桧原湖キャンプ2日目:南極探検 »

2011年7月22日 (金)

7/16 桧原湖キャンプ1日目

ARC桧原湖キャンプは3年ぶり。今回のチャレンジは、Minnowさん・NPさんの手作りディンギー「小ツバメ」による北極探検。天気予報は3連休の間ずっと晴れ。

P7169932_2 5時起床、5時40分に自宅を出発、中央道、首都高中央環状線、東北道経由で、ほとんど渋滞も無く、9時40分には猪苗代のいつものスーパーに到着。9時に開店していたので、すぐに残りの買出しもできたし、道路端のお店で熟れた桃も安く買えて、桧原湖に11時に到着。夜行バス利用で一番乗りのイグルーさんと合流し、荷物運搬を手伝ってもらって、11時半にはキャンプ場に落ち着きました。(すみません、小学生の作文みたいで。次に行く時のための記録です。)

地震の直接の被害はほとんど無かったものの、裏磐梯への観光客はがたっと減っていて、つぶれたホテルもあるし、キャンプ場も子供会などの団体利用がなくなっているそうです。確かに湖上の遊覧船やボートも例年のにぎわいがありません。今回のキャンプは福島復興支援もテーマの1つです。

P7169934 キャンプ場ではテレビ局が撮影に来ていて、ドラム缶風呂や、竹筒ご飯などを取材していました。テレビ朝日系、土曜朝800〜930の旅サラダという番組で、8/20頃に放送予定とのことです。

Dsc02030 15時過ぎ、メンバーがそろったところで、リオ(船着き場)まで我が家のベックフット号を含むカヤック3艇で向い、NP家の車で運ばれて来た小ツバメを湖に降ろしました。

Dsc02060 皆でワイワイやりながら艤装するのは楽しいです。ちゃんと立派なツバメの旗を上げられるのが小ツバメのこだわり。素敵です。

P7169948 向かい風で狭い湾からの出航でしたが、何の問題も無く、小ツバメは小さな茶色の帆に風をはらんで湖に出て行きました。

Dsc02091 カヤック隊も途中まで一緒に伴漕します。カヤック隊(敬称略)は、もものき、Sunrise、静かなドミノ、牛乳配達、イグルー、COOT。

P7169949 もものきさん、Sunriseさんは、桧原湖キャンプ初参加です。カヤック隊は、小ツバメを見送って、ヤマネコ島へと向かいます。

P7169951 Minnowさん力作の「キャンプのしおり」に皆で署名して、島の隠し場に残してきました。

P7169953 島から見るカンチェンジュンガ、素敵です。島を反時計回りにカヤックで一周した後、キャンプに戻りました。

Dsc02179 小ツバメでの体験航海を皆が順番にやりながら、もう1つのディンギー「虹号」も艤装して、物語のとおり、茶色と白の帆の2隻の帆船が湖上にそろいました。

緑がベックフット号の航跡、赤が虹号の航跡です。

20110716route

« 7/16-19 桧原湖キャンプ(速報版) | トップページ | 7/17 桧原湖キャンプ2日目:南極探検 »

コメント

本当に素敵な「小ツバメ号の夏休み」だったんですねぇ。
北極到達を知らせるハト便も嬉しかったです。「これでこっちからもハト通信ができるぞ!」って感じで。
次の機会こそは、是非!

すごい!
ランサムの挿絵のとおりですね!

電書バトのやりとり、楽しかったですね。
本当にランサムの世界でした~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/16 桧原湖キャンプ1日目:

» 久しぶりのキャンプ(1) [foggyな読書]
というわけで行ってきました。日本のコニストンに。 キャンプ自体はほぼ毎年行われているのですが、私が参加するのは実に5年ぶりでした。 写真は「いつもわたしたちを待ってくれている」ヨット・虹号の雄姿。 でも今回の主役はこのヨットではなかったのです。 日本のコニストンに関する説明はこちら ・久しぶりのキャンプ(2): 北極への行き方 ・久しぶりのキャンプ(3): 素晴らしい船... [続きを読む]

» 5年ぶりの桧原湖 [Sea Songs]
5年ぶりに桧原湖キャンプに行ってきました! キャンプの企画自体はARCで毎年のよ [続きを読む]

« 7/16-19 桧原湖キャンプ(速報版) | トップページ | 7/17 桧原湖キャンプ2日目:南極探検 »