フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

9/30 能登半島巡り

天気予報通りに朝から雨でしたが、能登半島を反統計周りにドライブです。

P9300998 一番能登らしい景色だったのは、軍艦島(見附島)。島に延びる道は、残念ながら島のちょっと手前で途切れていて、島に上陸はできません。

P9301007 昼食は、奥能登名物の「能登丼」。4年前の地震からの復興のために始まったそうです。能登丼の定義はこちら。海鮮丼もあれば、能登牛が乗ったのもあるし、牡蛎や豆腐や、とにかく数十種類の能登丼があって、能登丼のパンフレットの写真を見ているだけで、どれもこれも食べたくなるくらいおいしそうです。とても素晴らしい町おこしの企画だなあと心底感心しました。

我が家は海鮮ものの能登丼が食べたかったので、ドライブしながら能登丼ののぼりが出ているお店を訪ね訪ね、3軒目でこの白身魚と山芋の乗った丼に出会いました。魚にうっすら振りかけられた“ゆかり”の味が効いていて美味しかったです。

P9301011 能登半島最北端の灯台に立ち寄る頃には雨も上がり、明日は良い天気になりそうです。

Dsc04514 半島の北西部には塩田もたくさんあって、これは濃い塩水をぐつぐつ煮つめている釜です。この釜に入れて作ったゆで卵をいただきました。ジャガイモも美味しいそうですが、サツマイモだと塩辛過ぎてダメだそうです。ぬめりを取って入れたタコも美味しかったとのこと。ここの釜番のおじさん、好奇心旺盛で、いろいろな物を釜に入れて試しているようです。楽しそう。

Dsc04518 次は輪島のちょっと手前にあった千枚田。本当は1004枚あるそうですが、限りなく1000に近いのがスゴイです。数えるとどうしても2枚足りなくて、あきらめて帰ろうと蓑を取り上げるとその下に2枚隠れていたとの昔話もあるようです。来週末の10/8には、この千枚田に3万本のロウソクを灯すイベントがあるそうで、見てみたいものです。

昨晩は、能登半島いちの温泉街の旅館でしたが、今晩は、細い道の先の小さくて静かな漁村の素朴な宿。平日なので、泊まり客は我が家のみです。

2011年9月29日 (木)

9/29 富山→能登半島

9月は地震・津波・原発・節電の余波で、日曜日は全て出勤だったのですが、その代わりに今日から4連休です。天気予報はイマイチですが、この機会に未踏査の能登半島巡りをすることにしました。

P9290935 520に自宅を出て、中央道・長野道・安房峠経由で11時には富山駅に到着。高速もアルプスも長袖の上にフリースがあってもいいくらい肌寒かったのに、富山は夏に戻ってTシャツ1枚でも暑いくらいです。ちょっと早めの昼食は、富山湾名物の白エビの刺身丼。これだけのエビの殻をむくのは大変そうです。人気のお店のようで、11時半にはもう満席になっていました。

P9290937 P9290941 海沿いに走ると、初代の海王丸が係留されている公園がありました。平日なのでほとんど貸切状態の船に乗船してじっくり見学。

P9290945ランサマイトには嬉しいキャプスタンをしっかりチェック。

順路どおりに歩くと一通り見て回ることが出来て、その点は満足ですが、やはりこういう船で航海に出てみたいものです。

P9290980 能登半島の東海岸の国道沿いに北上し、今日は半島半ばにある和倉温泉まで。

P9290986 海岸の公園で、海と能登島を眺めながら、足湯でのんびりしました。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »