フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 8/16 プラハ→チェスキークルムロフ | トップページ | 8/18 テルチ→プラハ »

2012年8月18日 (土)

8/17 チェスキークルムロフ→テルチ

Dsc01999 朝、また旧市街を一通り散歩してから、なかなか充実した朝食ビュフェをいただき、ちょっと早めにバスターミナルに行って、最初のバスは自由席なので、景色の良い1番前の席を陣取りました。

Dsc07856 ローカルなバスなので、あちこち止まりながら1時間でチェスケーブディドヴィチェに少し遅れて到着。このバスターミナルは、ショッピングセンターの屋上という変わった所にあるけど便利です。航海士が今晩の食材を買出ししている間に、明日のバスの切符をゲット。昨日聞いておいた時刻のバスが取れなくて、テルチを出るのが14:45と遅めになりました。

Dsc02013 そこからテルチまでは、昨日ゲットしておいた座席指定の切符で定刻通り2時間で13:30に到着。暑い日差しの中、旧市街の広場まで歩き、チェックイン開始時刻の14時ちょうどに、2日前にネットで予約したアパートに到着。口コミが素晴らしかったので相当期待してましたが、それ以上に良い所でした。インテリアも設備も抜群の1ベッドルーム+LDKのデラックスなアパートで、庭もあり、そこから湖沿いの遊歩道が続いています。

Dsc02028 さっそくキッチンで昼食を作って、ダイニングに並べて食べて、ネットもつないで、ちょっとくつろいでから出かけました。出かけるといっても、世界遺産の街並そのものの家がアパートなので、一歩門を出たところが観光の中心です。

Dsc07964 広場の奥にあるお城に行って、内部のガイド付ツァーを含め、一通り見ました。基本的には自由に見て回れる方が好きなのですが、昨日と今日のお城の見学は、ガイド付で良かったと思いました。ヘェ〜と言うような話がたくさんあったし、装飾や展示物も印象に残るものが多かったです。

Dsc07975 隣の教会の塔にも登り、ボヘミアらしい景色を気持ちの良い風に吹かれながらしばし眺め、あの辺りの湖畔の散歩道を歩くと気持ち良さそうだなという所へ、塔を降りて行って、人懐こい子犬と戯れながら、散策します。いい街です。

Dsc08079 18時を過ぎると、3軒あった小さなスーパーの2軒がもう閉まっていてちょっと焦りましたが、残りの店で食材を買い足して、夕食にしようと思ったら、広場で大きなお祭りが始まりました。中世のコスチュームの人々のパレードに始まり、ステージでショーや、ダンスや、演奏で、大にぎわい。鎧兜に剣と盾の模擬試合の後は、何と本物の大砲に本物の火薬を詰めて、目の前でぶっ放してくれました。もう最高です。

Dsc02127 一旦アパートに戻り、自炊ながらも豪華な夕食にして、また広場に出て、野外ステージでのショーの続きを見ます。中世風コスチュームのバンドの演奏で観客の小学生になるかならないかくらいの小さな女の子が踊っているのが無茶苦茶上手で見とれてしまいました。最後は火のアクロバティックなショーで締めくくり。今日だけのお祭りなのかどうか分かりませんが、全て無料でこれだけ大規模な出し物なので、この夏に一度だけの最大のショーに運良く出会えたのかもしれません。

今回の旅行はずっと晴天がつづき、一度も傘を使わないままだし、とっても恵まれている感じです。

« 8/16 プラハ→チェスキークルムロフ | トップページ | 8/18 テルチ→プラハ »

コメント

うんうん、テルチ、教会からの眺めは最高でしたね~♪

この町は舞台の大道具のように美しいのだけれど、一面的、というか、それ以上の「私だけが発見した、目立たないけれど趣のある場所」が見つからなかったのが残念でした。
まあ私は路地裏フェチだから(自爆)

テルチは、早朝から深夜までお祭りしていたのが楽しめました。時々は静かに湖畔を散歩したり、また賑やかな広場に戻ったり、両方をこじんまりした範囲で行ったり来たり出来るのが面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/17 チェスキークルムロフ→テルチ:

» バックパッカー再現の旅 2012 テルチへ [ericaのRubatoな日々]
ホテルの部屋は屋根裏部屋で狭かったけれど、自炊する訳ではなかったので充分だった。 [続きを読む]

« 8/16 プラハ→チェスキークルムロフ | トップページ | 8/18 テルチ→プラハ »