フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年10月28日 (日)

10/28 八ヶ岳山麓で秋を満喫

急に思い立って、八ヶ岳までドライブに出かけました。今回はビアンキの自転車を積んで四本モミも一緒です。6時に家を出たけど、中央道は早くも渋滞していて、相模湖を過ぎるまではノロノロ。談合坂SAで朝食にしましたが、ここも大混雑でした。

Img_1234 長坂ICで中央道を降りて、野辺山に向かう途中の橋で休憩。この辺りの紅葉はまだまだです。でも、橋の上からの眺めは雄大で気持ちいいです。

Dsc02570 JR野辺山駅まで来ると、並木道の紅葉が真っ盛りでした。道路の電光表示を見ると、この辺りの気温は9℃です。しばらく辺りを歩いて紅葉狩りしました。

Dsc02569

Dsc02576四本モミは、ここから八ヶ岳高原ラインの途中にある昼食を食べる予定の場所まで自転車で行きます。航海士と私は、牛乳工場を見学したり、高原野菜を買ったり、無料キノコ汁試食の看板に釣られたりしながら、ゆっくりと向かいました。

Dsc0258411時の開店時刻を過ぎたばかりの時刻に「自然屋」に到着。我家のお気に入りのお店で、今日のドライブはここのキノコ料理を食べたくなったから来たようなものです。

Img_1237Img_1236今回頼んだのは、ニジマス香草焼き定食、キノコと高原野菜サラダ定食、キノコバター炒め定食で、朝食は遅め、昼食は早めの時間だったせいもあって超満腹になりましたが、どれも美味しく大満足です。メインの料理も良いですが、定食に付くキノコの酢の物とキノコ汁もGOODでした。

Dsc08528 食後は天女山山頂周辺を少しハイキング。駐車場から若干下り気味に100mくらい歩いたところに山頂があって、これではカロリー消費になりませんが、そこの紅葉と木の実が奇麗で見事でした。

Dsc02588 そこから「天の河原」という所までの500mくらいは、しっかり登る山道でした。登った先に河原があるとはどういうこと?と疑問でしたが、行ってみて納得。

四本モミは、天女山から八ヶ岳牧場まで、また自転車で行きます。ダウンヒルでは車とスピードがほとんど一緒でした。

Dsc02590 紅葉した木々に囲まれながらも広々とした牧草地が広がる牧場で、ヤギ、ヒツジ、ポニーと戯れてのんびり。シカの群れも見かけました。

Img_1243 牧場の近くの赤い橋の上からは、しっかり秋色の谷の景色を楽しめました。

明日開催されるロードレースのメイン会場となっている清泉寮に立ち寄って、近くのトレールを歩いてさらにカロリー消費をしてから、15時過ぎに清里を出発。

Dsc02617都留まで中央道で行って、道志への道に入り、峠のトンネルを出たところから、16:45に四本モミは自転車でダウンヒル開始。津久井湖で合流する予定でしたが、自転車のライトの電池切れのため、国道との合流地点までとなりました。道志は、車でも自転車でも走って楽しそうな道なので、今度は明るい時に1日かけてゆっくり出直したいです。

10/20 A級ディンギー

一昨年、清水に「ちきゅう」を見に行った時に、フェルケール博物館でアマゾン号にそっくりのA級ディンギーを見かけて以来、こういうヨットに乗ってみたいなあと思っていました。その時は、そのままになっていたのですが、今年、NPさんがやはり同じA級ディンギーを見て、この辺りだと千葉県の稲毛ヨットハーバーで乗れることを見つけてくれました。その後も予定が合わなかったり天気が悪かったりで、なかなか行けなかったのですが、ようやくこの土曜日に乗せてもらえることになりました。

Dsc02529_2渋滞でちょっとはらはらしましたが、約束の9時ちょうどに稲毛ヨットハーバーに到着。ここは初めてですが、立派な施設があり、既にたくさんのディンギーが海に出たり、艤装してたりで、賑わっています。お目当てのA級ディンギーは、その中でも木造のハルがひときわ美しく目をひきます。

Dsc02528 中でもラダーがすごく存在感があって立派。『ひみつの海』で、これだけのものをかついで紅海を歩いて渡って修理に持って行ったのは、結構大変だっただろうと思います。

Img_1231 陸上での艤装が終わり、一度セールを上げてもらうと、まさにアマゾン号。海賊旗も上げたくなりますが、そこは我慢我慢。

Dsc02534 今回お世話になる、稲毛でプライベートヨットスクールをされているOさんが、ジョンのように片手櫂でヨットを桟橋まで進めます。

水上で最後の艤装を完了して、最初はNPさんとMinnowさんが出航。風はそよ風程度ですが、ハーバーから海に出る水路を間切って進みます。このA級ディンギーに特徴的なのが、タックの際に操作するガンターロープで、ガフの下端をマストの反対側に入れ替えます。アマゾン号やツバメ号には無いようですが、清水のフェルケール博物館に展示してあったA級ディンギーには付いていて、あれはいったい何だろうとNPさんが疑問に思ったことも、今日のイベントにつながったのでした。

Dsc02549 1時間あまりで戻って来たNPさん・Minnowさんと交替で、もものきさんとCOOTが乗艇して出航。風が弱々しいので、港外に出るまではパドルを使いました。海上では、どこかのヨット部が練習をしています。その邪魔をしないように、少しでも風がありそうな海面を目指します。

Dsc02550 もものきさんに交替して最初はアビームで走ってタックする練習です。風が弱いので、どちらから吹いて来ているか捉えにくい分難しいです。また交替して、何度かジャイブしながらハーバーに戻りました。

ハーバーの木陰に建てられたタープの下でピクニックランチ。インストラクターのOさんの奥さん手作りのランチを美味しくいただきました。イベント前にOさんから送られて来るとても丁寧なメールでも薄々感じていたのですが、Oさんご一家には、我家と似た血が流れているようで(^^)、これからも面白いイベントが何かできそうな、楽しい予感がしています。

午前中はほとんど凪でしたが、ランチの間にどんどん風が強まって来て、午後はしっかり帆走できそうになって来ました。実は前日に実家のある福岡で叔母が亡くなり、お通夜に参列するために、ハーバーのロッカールームで礼服に着替え、直接羽田に向かうので、私は残念ながらここで時間切れ。きっと午後は船首波切の素敵な音を聞けたことと思います。

2012年10月 8日 (月)

『ヤマネコ号の冒険』プロモーション・ビデオ

10月6〜8日の3連休は、真ん中の日に横浜で用事があったので、珍しくおとなしく家にいて、庭の手入れや家の大掃除なぞしました(させられました)。

それだけじゃつまらないので、いつもお世話になっているヤマネコ号のプロモーション・ビデオを作ってみました。

お楽しみいただけたら嬉しいです。

« 2012年9月 | トップページ | 2013年5月 »